社殿

拝殿、本殿、幣殿

拝殿は権現造で唐破風の屋根部分の彫刻が神社の荘厳さを引き立たせます。御神体が安置されている本殿は伊勢の神宮と同じ神明造で、天に向かって伸びる千木※1と鰹木※2が印象的です。また、拝殿と本殿の間の建物を幣殿と云い、祝詞の奏上などを行います。 


日本最古の神社建築の一つである神明造と、江戸時代初期に出現した比較的新しい神社建築である権現造が混合する社殿となっています。

拝殿と幣殿は平成の御大典行事※3で銅葺屋根葺き替えの大改修工事を行いました。 それから20年余り経ち、現在は緑青の色が荘厳さとはまた違った雰囲気を醸し出しています。 




 ※1、千木(ちぎ)…神明造の特徴で屋根の両端の木がクロスしたの。古代、屋根を建造する際に木材2本を交叉させて結びつけ、先端を切り揃えずにそのままにした名残と見られる。
 

※2、鰹木(かつおぎ)…同じく神明造の特徴で、屋根の上に棟に直角になるように何本か平行して並べた部材(当社は5本)。形が鰹節に似ていることからこの名が付いた。

※3、御大典行事(おたいてんぎょうじ)…天皇陛下ご即位を記念した行事。今上天皇が即位し、平成の御代になったのを記念して全国の神社で大々的に行われた。



   

 

 

松山神社(千葉県匝瑳市松山鎮座)
御祈祷、お札・お守りの頒布等は社務所へ
受付時間は午前8時半~午後3時
〒289-2152
千葉県匝瑳(そうさ)市松山1127
☎ 0479-73-3339